アダパフォの人たち凄いなあ…

アダルト女性すごい

こんばんは☆
今さら何ですが、このブログでの私の名前を決めていませんでした。(笑)
もうチャットレディ名も「アヤカ」にしているので、アヤカでいいかななんて思っています。
どうでしょう?w

名前なんてなんでもいいですよね。失礼しました(笑)

今日は、アダルトパフォーマンスしているチャトレさんたちの凄さについて語りたいと思います!

実は私、ノンアダルト専門なんです。専門?って言い方も変ですが、アダルト行為は基本的にしません。
常連さんが欲情してくれた時だけ、音声通話とか2ショットチャットでオナニー披露しています。
顔は最初こそは隠していたんですが、顔なしでも常連さんが1人できた時からすでに公開しています。

なんか月に3万円くらい稼げるようにまでなると、だんだんと吹っ切れてくるんですよね笑
だから「今日はお初顔出し!」と称して、顔公開すると初日はかなりのお客さんが来てくれました。
登録してから1ヵ月後とかに公開していたので、よくサイトにログインしている人は私の名前くらいは見たことがあったのかな?
だから初見さんがたくさん来てくれてました。
その日の売り上げは、3時間のチャットで3万円くらいは稼げましたw
顔出しする前までは2~3人、多くて5人とかだったのが初顔出しの時は10人くらいきてくれていたのでウハウハ状態でしたね。

ずーっと10人が見ている、なんて状況ではなかったですが最後までいてくれた人数は7人になったり9人になったりとかだったので楽しかったです。
まあそんなに集まったのは初日だけでしたけど笑

わたしのチャットはアベレージ人数が低いんですが、一人一人が長くチャットしてくれるのでなんとか生活費を稼いでいるみたいな状況です。

世の中が給料日の時はワッと10人くらい一気に見に来てくれる日があるんですが、それはアダパフォをしている時。

常連さん相手には脱ぐといいましたが、常連さん達も私生活があるので毎日のようにログインしている私の相手はできません。
だからたまーに初見さん相手でも脱ぐ時があります。

最初こそはオナニーするのは気がひけたし、「私何しているんだろう」っていう考えになってしまって濡れるどころか干からびていましたw

でもそれを察知したある男性がいたんです。

「アヤカちゃんもしかして脱ぐの初めて?」と図星なことを言われてしまいました。
その時はさすがにウソをつかずに正直に「そうなんだよねえ泣」と言いましたよ。
そこからだんだん申し訳なくなってきて、「ごめんねもうやめようかな今日は」って半泣きで言ったんです。
その日は待機時間が長かった、しかも生理前で情緒が不安定過ぎたっていうこともあってメンタルがおかしかったんですw

でもその男性が優しく「俺の指示通りに動いてみる?」といわれて、言われるがままに脱いでオナニーしましたw

メンタルが不安定で「もうどうにでもなれ」精神でやっていたので、途中から常連さんが来ていることにも気付かず…。
後々メールで嫉妬されまくりでした笑

「俺にはそんな簡単に見せてくれなかったのに」
「そんなすぐに脱ぐ子だっけ?呆れた」

なんてツンデレなメールが常連さんから来ていて、思わず笑っちゃいましたw
だってみんな分かりやすいくらい嫉妬してくれるんですものw
超古参のヒトシさんでさえちょっと拗ねてました。
そこからは個別でメールと音声通話で謝ったり、もう一回電話越しにオナニーしたりと大変な1日になってしまったんです。
みんな許してくれたからよかったw

でも「アヤカちゃんがアダパフォする時は絶対メールで知らせて!」とみんな口ぐちにいってきて、つくづく私愛されているって思いましたよ笑

ここまで私のことを大事にしてくれる常連さんには、本当に頭があがりません泣

アダルトパフォーマンスをしているチャトレさんの何が凄いって、毎回違う格好をして男性を楽しませたり大人のおもちゃを使って感じまくっているというところ。
毎回コスプレをしている人は常に5人以上がチャットに参加しているし、大人のおもちゃを使っている人はもう全裸で性器が見えないギリギリの位置でオナニーしているみたいです。

すごいですよね。
あ、そうそう。
アダパフォをする時は、性器を見せてはいけないのです。
アンダーヘアはいいけど、具は見せちゃいけないんですねえ。
私はそもそも腰から下を見せていないので、私のチャットを見ている人はもどかしい思いで見ていると思いますw

申し訳ないけど、このスタンスは崩すつもりありませんw

カメラの位置を調整するのもなんかめんどくさいし、下手して一瞬性器が見えてしまったらアカウント利用停止されてしまいます泣
一瞬見えただけじゃあそんな厳しい罰はないと思いますが、それが何回も続くと公然わいせつ罪で捕まってしまうので本当に注意しなきゃなんです。
だからギリギリを攻めているアダパフォチャトレさんは尊敬に値します!

私もアダパフォしている時はたくさん人が来てくれるので、挑戦したいんですがまだ慣れていないのでもう少し時間がかかりそうです笑

身バレしそうになって焦ったよ

身バレ危険

チャトレ活動を始めて早半年!
ついに身バレしそうになってしまいました…!

でも恐らく相手はまだ疑っているかも。

今日は身バレしそうになった大事件を報告します。まだちょっと心臓バクバクでびびってますが、とりあえず相手にはバレてはないようです。

前回料理配信のことを話しをしましたよね。
キッチンにスマホを置きながら配信するスタイルのことです。いつものように晩ごはん作りながら垂れ流し状態で配信していたんです。
すると初めてチャットする男性からとんでもない言葉が飛んできたんです。

「あれ?このキッチン見覚えある!」
「もしかして○○っていうとこに住んでる?」

って言われました。
ドンピシャにアパート名を良い当てられてしまった私は、とにかく誤魔化すのに必死。
しかも他の人も見ている中での発言だったので、めちゃくちゃ焦りましたw

「なんでそういうこと言っちゃうかなー!」と内心怒りつつ、分かりやすいように配信している自分も悪いな反省もしつつ泣

どうやって誤魔化そうと考えた結果

「えー?なにそれ?たぶん違うと思う」
「というか教えるわけないじゃん~」
と誤魔化しつつ、なんとか乗り切りました泣

内心心臓バクバクの私は、めちゃくちゃ焦ってました。
でもそこから常連のヒトシさんが話を変えてくれて(ホント神!)、いつも通りのチャットをしてその日はチャット終了。

ドンピシャにアパート名を言ってきた男性からは、チャット終了後すぐにメールが来ていました。
ここで私が分かりやすくこの人のことをブロックしてしまうと、アパート名が当たっていたという証明になるのであくまでもウソを貫き通すことに。

「アヤカちゃんさっきは誤魔化していたけどやっぱ住んでる場所○○でしょ?」

と来ていました。

「さっきも言いましたが違いますよ~」
とだけ返信したものの、まだ疑ってくるこの男性。かなりしつこかったです。
「もうウソを粘るしかない」と思い、必死にウソをつく私w

「キッチンで場所分かるなんてすごいね」
「でも今回はハズレだと思うよ」
といいつつ、嫌悪感をあらわにしていきました。でもその雰囲気をまったく感じ取れないこの男性。
本当に厄介でした。

しまいには「俺場所分かるから1度会ってみない?」と言われてしまったんです。

だんだん恐怖を感じてきた私はキレずに、あくまで平常心を装いながら対応していました。
「○○さん怖いよ~wわたしそんなリスク負いたくないw」
「会うなら100万円くれないと話にならないよ」
と冗談を交えつつ話していると、やっとのことで諦めてくれました。

諦めさせるのにたぶん20通くらいやりとりをしたと思います。
メール受信もお給料になるので、そこはラッキーでしたがここまで肝が冷えたのは初めてです。

しばらく料理配信は自重しようかなと思います泣

でもそこで諦めたら負け?
露骨に料理配信していたらやっぱり疑われてしまう?

うん~でもやっぱりこのまま配信し続けて、場所に確信を持たれて出待ちなんかされたらもっと怖い。

やっぱりここは露骨な態度をとってみよう。

うん、そうします(笑)

私がご飯を食べている姿を見るのが好きっていってくれている人には、本当に申し訳ないけれどもし状況が悪化しそうなら料理配信そのもの事態辞めようかなとも思っています。

仮にも画面越しでしか会ったとこのない人たちを相手に、実際に会うなんて肝の冷えることはしたくないですし泣
それにネット記事で「チャットレディにストーカー!」とかいうのも見てしまって、今も心臓バクバクです。
ただの興味範囲で声をかけてきたんだな、と思いたい泣

「他の子とは違う配信スタイルだよ!」っていう気持ちもあって、料理していたんだけどその行動が仇になりそうです。
もちろんこんなこと言われたのまだ1度目なので、そこまで心配する必要はないと思うんですが…。
怖いことには変わりないです。

そんなこんなで私の身バレ体験は以上になりますw
もう2度とこんな怖い思いしたくないよ~泣
チャット中は細心の注意を払わないといけませんね。

メールでお礼言うのはレディのマナーだよね

メールでお礼を言う

こんばんは☆
昨日の夜、男性とおしゃべりしながら話題が尽きてしまったのでそのまま料理配信しました。w
料理配信なんて誰の需要があるんだ、なんて思いましたがその日は外出帰りからのチャットをしていたのでとにかくお腹がすいていたんです。
大半のチャトレさんが脱ぎまくっている中、私はひとりで自分用の晩ごはんを作る配信をするっていうw

もちろんその時見ていてくれた男性会員の方々に了承を得てからですよ。
わたしたちチャトレは男性がポイントを使ってくれないと、お給料も入りませんから。
だから一言断りを入れるのは常識なんです。
あと、最近チャット来てくれた男性にお礼のメールを送りもしない人がいると客から聞いた時はビックリしました。
「Mな男なら逆に萌えるんだろうけど」って言ってましたが、お金を貰っている同じ女性から見るとちょっとありえないですね。
モラルというか、マナーというか…。
「お仕事なんだしお礼は言おうよ…」とちょっと思ってしまいましたねえ。

話を戻します!
料理配信をしたかったので
「お腹すいちゃったから料理配信してもいい?w」と聞くと
その日の男性達はなぜかノリが良くて
「いいよ!」「アヤカちゃんの料理姿とかなんかエロい」
とか言ってきてくれました。
なんか私のお客さん、癖のある人が強い気がします笑
ちなみに「アヤカ」はわたしのチャトレ名です。本名はもちろん違いますよ。

あまり料理の時間を長く使うのはやめておこうと思い、簡単な料理にしました。
チャットを始める前にご飯は炊いていたので、豚肉入りの野菜炒めと卵入りの中華スープを作りました。

自分でもいうのはなんですが、味はかなり良かったです(笑)
ニート&独り暮らしとなると、料理の腕が勝手にあがります。貯金があるとはいえ、毎日外食なんて贅沢なことはできませんしね。

チャトレとして活動した後も、貯金できるくらいには稼げるようにはなっています。でも、いつ稼げなくなるか分からないので月に3万円くらいは貯金するようにしているんです。

あまり物欲もない人間なので、今ではなかなかの額になっているのが私の自慢ですw

料理配信すると人減るだろうなあと思ったんですが、運が良かったのかなぜか3人くらい一気に増えて私が食べ終わるまでチャットしてくれましたw

今ASMRとかいうのが流行っているじゃないですか。それを見たい人もいるみたいです。
もちろんASMR専用のマイクとか使っていないので、少ししか音聞こえてなかったと思いますけどw
それでも「女性が食べている姿みるのスキ」と思っている人もいるらしく。
なかなか人気のあるジャンルなんだなあ、って感じです。

そこから料理配信の味をしめてしまった私は2週間に1回くらいは、料理配信していますw
運が良ければ5人くらい見てくれるので、助かってます。
5人というのもほんとうに運なんですけどね。
そのうちの3人は食べている姿を見るのが好きな人たち、1人は常連のヒトシさん。そしてあと一人は通りすがりのご新規さんみたいな感じですね。

ご新規さんを常連にするためにも、知らない名前の人がチャットにきたらいつも以上に気合をいれてお話しします。
常連さんもそこは許してくれてるみたいなので、ありがたいです泣

もちろんチャットが終わった後には、来てくれた人全員にお礼のメールを送信しています。
新規の人は返信してくれたり、してくれなかったりなのであまり期待はせず送信していますよ。
でも返事が来たときはかなりテンションあがります♡

常連さんはいつものように「今日も楽しかったありがとうー」と返事してくれるので、チャットが終わってもそこまでがセットになってるんです。

お客さんを大切にしないと、私達チャトレは稼げませんからね!
丁寧かつ楽しくチャットしていきたいものです!

明日はちょうど料理配信をする日なのですが、何を作ろうかなとまだ考えています。
コロッケ食べたいなあと思いつつ、揚げ物はめんどくさいかなとも思ってしまう。
それに今なぜか野菜がバカ高いので、あまり野菜をたくさん使う料理は避けたいんですよね。

とにかくジャガイモを使った料理が食べたいですね。
ポテトサラダもいいかもしれません。
わたしジャガイモが大好きなんですよ~。一番美味しいと思っている食べ方はホクホクに湯がいて、切り込みを入れてバターをチーズを詰め込みオーブンで焼くという料理法。
母親がお金ない時によくやってくれた料理法なんです。
ジャガイモってかなりお腹に溜まるじゃないですか笑

なかなかの貧乏だったので、試行錯誤で満腹になる方法を探していましたよw

チーズは高いので母親が給料日の後とかにしか買えませんでしたw

でも今や母親も事業が成功して、新しい旦那さんと楽しく暮らしているみたいですけどね。
年末にしか会わないのでたぶん元気だと思いますw

ご飯の話を書いていると自然とお腹が空きますね…。
冷蔵庫になにもないので、買い物がてら明日の分も含めてちょっと買い物行ってきます。

自粛生活でみんなストレスだらけ

自粛生活だらけ

私生活にストレス感じてませんか?
そう聞く私の方がストレス感じているんですけどね。
自粛生活が続いて3キロくらい太っちゃうし、踏んだり蹴ったりの生活が続いています。
チャットレディのお仕事を始めた頃は、ウイルスなんて流行していなかったので気分転換に外出する!なんてこともできていました。

でも今となってはそれも叶いません。
だんだん自粛ムードが緩和してきているとはいえ、外国ではまたロックダウンが始まっているし不安な状況が続いています。

あ、前回のお話の続きをしていきますね。

スマホ、寝巻き状態、髪の毛若干ボサボサという状況で初ライブ配信の幕を開けた私。
もちろんそんな姿を見てチャットをしようとしてくれる男性などおらず、当時なんにもわかっていなかった私は「稼げるなんてウソじゃん」と人のせいにしていました。

2時間待っても待機が終わらなかったので、その日は途中で断念しました。

「あー違う職探した方がいいかも」

これ、私の悪い癖なんです。簡単に稼げる仕事なんてないと思ってはいるものの、どこか変に過剰に期待してしまって勝手に落ち込むんです。
他の人から見たらただのガキですよね。

でも、この時点ですでにニート2ヵ月目に突入していたので、結構焦っていました。
貯金は底をついていないものの、こうも職探しにやる気が出ないとは思っていなかったので。
(人生舐めてますよね笑)

だからもうとりあえずやる気を出して、チャットレディで儲けるしか道はありませんでした。
というのも、他の売れっ子チャットレディは、みーんな常に客がいるんです。
「ユイ」っていう今でもいる女性は、ログインするたびに待機時間も短く、いつもすぐに誰かしらとチャットしています。
しかも1人とかじゃなくて、常に2~3人以上はいるんです…!

もうビックリですよね。
もちろん当時の私は待機画面を見られて終わり、今となっては3人くらいはチャットしてくれますけどそこまでの道のりが長かったんです。

まず私が売れるためにしたことは、外見をピシッと整えるということ笑

初日の寝癖だらけの髪の毛、寝巻き状態という外見では誰も相手にしてくれないはずです。
私が男性でもこんな女、願い下げですよw

初心者は初心者なりに、男性に媚を売ろうと決めました。
幸いキャバ時代のドレスがあったんで、自分で髪の毛セットして部屋にも合いそうなドレスを着て2回目のチャットにトライしてみました。

チャット始める前に、男性をチャットに誘うための「一言コメント」みたいなやつがあるんですが私はそこに「元キャバ嬢です」と入力しておきました。
結構いちかばちかの賭けだったんですこれでも。
男性からするとキャバ嬢ってあんまり良いイメージなさそうじゃないですか。

なんか「金だけ使わされる場所」と思っている人もいるし。まあそういう人は大抵お金がない人なんですけど…。

でもこの一言を面白がってくれて。初めて男性とチャットできました。

私の客、第一号はヒトシさん。
明るめの挨拶から入ってきてくれて、やっぱりその次の言葉は「キャバ嬢だったの?」でした。
そこからこれまでのお仕事内容とか、辞めた理由とかを言うとすごく親切に接してくれたんです。
ちなみに今でもヒトシさんは私のチャットに遊びに来てくれる常連さんです♡

「ヒトシさんが第一号のお客さんだよ~ありがとうございます」と、ほんと少し泣きそうになりながらお礼を言ったのが好印象だったって後で知りました。(笑)

最近は「お礼言わないのが当たり前!私とチャットしているんだから」みたいなチャトレさんもいるみたいで。そんな状況に飽き飽きしていたところに、私を見つけたそうなんです。
ヒトシさんはなかなかマナーを重んじる人で、アダルトを要求してくる人じゃありませんでした。

ヒトシさんはそこから1時間も私とお話ししてくれて、「今日はこのへんで!またくるね」と言ってくれてからはチャット開くたびに来てくれます(笑)
ほんとうに太客すぎて嬉しいです。(^u^)

その後休憩という名目で、この1時間の売り上げを確認してみました。
1時間で3,000円も稼げてたんです…!
時給3,000円ってことになるので、ヒトシさんの他にもっと人を集めたらもっと収入が増えるなと確信しました。

そこからはもう1日中サイトにログインする日もあり、予定がある日は2~3時間だけチャットする日とかもありました。

なんとか安定して1日に1万円を稼げるようになったのは、チャットレディを始めてから3ヵ月後でしたね。
ヒトシさんは10分だけでも、と毎回顔を出してくれるのでたまにヒトシさんだけのためにメールを送ったりもします。
ここまで私に貢いでくれる人はこの人以外にいないので。
キャバと同じで、指名してくれる人は大事にしないといけません。

少し男性恐怖症みたいな感じで、キャバの仕事を辞めた私ですがこれでも指名してくれる客はいたんです。
だから私が辞めることを伝えた時は、とても落ち込んでました。
そりゃあもうこっちが心配なるくらいに。(笑)

3人くらい指名してくれる人いましたが、2人は泣いてまで辞めるのを考え直してなんて言ってくれましたよw
でも普通に酔っぱらい状態だったので、ただの泣き上戸だったのかもw

そこからはそんなつもりじゃあなかったのに「今日は卒業の日だ!」といって、30万円分くらいのボトルを開けてくれましたw
その時の収入が今のニート生活を支えてくれていますw

チャットレディで少し自信がついた私、もう一度キャバに戻ってもいいかなあなんて考えています。

チャットレディ始めました

チャットレディを始める

根暗の私は、去年までキャバクラで働いていました。
でも今はチャットレディとしてガッツリ稼いでいます。
「キャバの方が稼げそうなのにどうしたの?」
と思っている人もいるかもですけど、キャバ嬢の世界って思っているより厳しかったんです。
根暗が原因なのか、もともとコミュ症なのが原因なのかお客さんに罵倒されることもしばしば…泣
でも今ではチャットレディとして、生活できるくらいの収入はゲットできています。
実をいうとまだチャットレディ以外の仕事は始めていないので、時間はかなりあるんです。
だからヒマつぶし程度にブログを始めました。
これからチャットレディをスタートしようとしている女の子たちの目に留まればいいですね。

ところで私がなんでキャバ嬢を断念したかというと、お客さんからのお触りがイヤだったから。
「もう~やめてよ~♡」みたいな感じで丁重にお断りを入れる、みたいな対応ができればよかったんでしょうけど、そんなことは私にはムリでした泣

先輩キャバ嬢はみんなエロ爺共の手を避けるのが上手くて、見習おうかとも思ったんです。
でもどうしても拒否反応みたいな対応になってしまって、1度お客さんが逆上してしまったんですよね。
もうそれからというもの出勤すること自体が億劫になってしまったんです。

「今日も怒られたらどうしよう」
「お尻触られたら?」
「これ以上拒否ってたら指名もこなくなっちゃう」

出勤するたびにこう思ってたんです。
意外にもキャバ嬢同士でのいざこざは一切ありませんでした。
ドラマとかでよく見る、客の取り合い!みたいなこともなく、女の子同士で協力しあって楽しかったです。
でも男性客はそうもいきません。
酒癖悪い人もいるし、お触り断ると逆上する人もいるし、毎回不安でしょうがなかったんです。

怒ってしまったお客さんは対応に慣れているボーイさんが対処してくれたので、本当に助かりました。
私の他に違う子に対しても文句を言い始めたので、その人はそのまま出禁に…笑

あんな経験は二度としたくないですね。

なんでチャットレディを選んだのか。
キャバ嬢を辞めたことをキッカケにそのまま昼職に変えようかとも思いました。
でもわたしとにかく朝が苦手で…。
それにキャバの仕事のおかげで完全に夜型生活になってたんです。

「キャバみたいに稼げる仕事で夜でもいいやつがいいな」

とか甘えた考えで職探しをしていました。
幸い貯金もあったので、2ヵ月くらいはニートしてました。でも貯金にも限界があるわけで。
使ったお金は稼がないと戻ってきません。(当たり前だ!)
だからギリギリまでニートするつもりでしたが、重い腰を上げて職探しを再開したんです。
ナイトワークで探すと、やっぱり最初はキャバ嬢か風俗しかでてきませんでした。

でも「ノルマなし」「働く時間は自由!」というチャットレディの宣伝が急に出てきて、一気にチャットレディの世界に引き込まれたんです。

働き方は完全に自由。夜でも昼でもいい。最高時給は5,000円越え!
こんな宣伝文句を見てしまった私は、チャットレディの仕事を始めたいと思っていました。
でもどうやって始めればいいのか分からず、「面接があるのかな」「履歴書必要?」みたいな疑問ばかりが浮かんできました。

それから「チャットレディ 仕事 始めたい」と検索をかけたんです。
やっぱりネットって便利ですよね。
すぐに問題が解決します。
ありがたいことに、チャットレディの仕事の始める方法を書いてある記事があったんです。

・仕事を始める時はサイトに登録するだけでOK
・登録はたったの3分で完了する人もいる

正直ビックリしました。てっきりどこかで面接を受けないといけないと思っていたので、まさかネットでやりとりするなんて…。

便利な時代になりましたね笑

職歴にキャバ嬢とは書けないので、助かりましたw

登録も簡単で、メールアドレスと自撮り写真か運転免許証を準備するだけでした。
私は両方送ったんですが、運転免許証なら自撮り写真のほうはいらなかったみたいですw
写真付きじゃない保険証を出す時だけ、自撮り写真が必要とか…。
あ、あとパスポートでもいいらしいですよ。

最初は「身分証提示なんて怪しいなあ」「やっぱやめようかな」と思ったんですが、何事もチャレンジだと思いなおして登録したんです。

それからサイト側から登録完了のメールが来て、専用のログインIDとパスワードが送信されてきましたよ。
後から自分でパスワードを変更するのもアリみたいです。

登録したての私は、何から始めていいのか分からないまま。
だからとりあえず自分のプロフィールを埋めることから始めました。

口から下が写っている自撮り写真をアイコンにして、自己紹介も軽く記入しておきました。

「さあ!…何すればいいの?」

と思った私…。
この時本当に何していいのか分からず、とりあえず登録したという達成感でしばらくボーっとしてました。(おい)
夜中に登録をしていたので、その日はそのまま眠ることに。

まだニート状態のわたしは、翌日チャットレディのお仕事について調べました。

どうやらテレビ通話と音声通話、メールで男性とやりとりができるとのことだったんです。
久しぶりのワクワクを感じながら、私は寝巻のままとりあえずテレビ通話を待機してみることに。
それから10分、30分、1時間たってもチャットが開始しませんでした。

「え?稼げるってウソ?」「この待機って確か無給のはずじゃあ…」とだんだん不安になってきたわたしは、その日そのままチャットが始まる前に中断してしまいました。

この続きはまた次回お話ししていきます。