チャットレディ始めました

チャットレディを始める

根暗の私は、去年までキャバクラで働いていました。
でも今はチャットレディとしてガッツリ稼いでいます。
「キャバの方が稼げそうなのにどうしたの?」
と思っている人もいるかもですけど、キャバ嬢の世界って思っているより厳しかったんです。
根暗が原因なのか、もともとコミュ症なのが原因なのかお客さんに罵倒されることもしばしば…泣
でも今ではチャットレディとして、生活できるくらいの収入はゲットできています。
実をいうとまだチャットレディ以外の仕事は始めていないので、時間はかなりあるんです。
だからヒマつぶし程度にブログを始めました。
これからチャットレディをスタートしようとしている女の子たちの目に留まればいいですね。

ところで私がなんでキャバ嬢を断念したかというと、お客さんからのお触りがイヤだったから。
「もう~やめてよ~♡」みたいな感じで丁重にお断りを入れる、みたいな対応ができればよかったんでしょうけど、そんなことは私にはムリでした泣

先輩キャバ嬢はみんなエロ爺共の手を避けるのが上手くて、見習おうかとも思ったんです。
でもどうしても拒否反応みたいな対応になってしまって、1度お客さんが逆上してしまったんですよね。
もうそれからというもの出勤すること自体が億劫になってしまったんです。

「今日も怒られたらどうしよう」
「お尻触られたら?」
「これ以上拒否ってたら指名もこなくなっちゃう」

出勤するたびにこう思ってたんです。
意外にもキャバ嬢同士でのいざこざは一切ありませんでした。
ドラマとかでよく見る、客の取り合い!みたいなこともなく、女の子同士で協力しあって楽しかったです。
でも男性客はそうもいきません。
酒癖悪い人もいるし、お触り断ると逆上する人もいるし、毎回不安でしょうがなかったんです。

怒ってしまったお客さんは対応に慣れているボーイさんが対処してくれたので、本当に助かりました。
私の他に違う子に対しても文句を言い始めたので、その人はそのまま出禁に…笑

あんな経験は二度としたくないですね。

なんでチャットレディを選んだのか。
キャバ嬢を辞めたことをキッカケにそのまま昼職に変えようかとも思いました。
でもわたしとにかく朝が苦手で…。
それにキャバの仕事のおかげで完全に夜型生活になってたんです。

「キャバみたいに稼げる仕事で夜でもいいやつがいいな」

とか甘えた考えで職探しをしていました。
幸い貯金もあったので、2ヵ月くらいはニートしてました。でも貯金にも限界があるわけで。
使ったお金は稼がないと戻ってきません。(当たり前だ!)
だからギリギリまでニートするつもりでしたが、重い腰を上げて職探しを再開したんです。
ナイトワークで探すと、やっぱり最初はキャバ嬢か風俗しかでてきませんでした。

でも「ノルマなし」「働く時間は自由!」というチャットレディの宣伝が急に出てきて、一気にチャットレディの世界に引き込まれたんです。

働き方は完全に自由。夜でも昼でもいい。最高時給は5,000円越え!
こんな宣伝文句を見てしまった私は、チャットレディの仕事を始めたいと思っていました。
でもどうやって始めればいいのか分からず、「面接があるのかな」「履歴書必要?」みたいな疑問ばかりが浮かんできました。

それから「チャットレディ 仕事 始めたい」と検索をかけたんです。
やっぱりネットって便利ですよね。
すぐに問題が解決します。
ありがたいことに、チャットレディの仕事の始める方法を書いてある記事があったんです。

・仕事を始める時はサイトに登録するだけでOK
・登録はたったの3分で完了する人もいる

正直ビックリしました。てっきりどこかで面接を受けないといけないと思っていたので、まさかネットでやりとりするなんて…。

便利な時代になりましたね笑

職歴にキャバ嬢とは書けないので、助かりましたw

登録も簡単で、メールアドレスと自撮り写真か運転免許証を準備するだけでした。
私は両方送ったんですが、運転免許証なら自撮り写真のほうはいらなかったみたいですw
写真付きじゃない保険証を出す時だけ、自撮り写真が必要とか…。
あ、あとパスポートでもいいらしいですよ。

最初は「身分証提示なんて怪しいなあ」「やっぱやめようかな」と思ったんですが、何事もチャレンジだと思いなおして登録したんです。

それからサイト側から登録完了のメールが来て、専用のログインIDとパスワードが送信されてきましたよ。
後から自分でパスワードを変更するのもアリみたいです。

登録したての私は、何から始めていいのか分からないまま。
だからとりあえず自分のプロフィールを埋めることから始めました。

口から下が写っている自撮り写真をアイコンにして、自己紹介も軽く記入しておきました。

「さあ!…何すればいいの?」

と思った私…。
この時本当に何していいのか分からず、とりあえず登録したという達成感でしばらくボーっとしてました。(おい)
夜中に登録をしていたので、その日はそのまま眠ることに。

まだニート状態のわたしは、翌日チャットレディのお仕事について調べました。

どうやらテレビ通話と音声通話、メールで男性とやりとりができるとのことだったんです。
久しぶりのワクワクを感じながら、私は寝巻のままとりあえずテレビ通話を待機してみることに。
それから10分、30分、1時間たってもチャットが開始しませんでした。

「え?稼げるってウソ?」「この待機って確か無給のはずじゃあ…」とだんだん不安になってきたわたしは、その日そのままチャットが始まる前に中断してしまいました。

この続きはまた次回お話ししていきます。